沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

工場棟 床下空洞充填工事

北海道

工場

  • 施工面積

    133

  • 最大修正量

    9mm

  • 施工年月

    20217

  • 工事日数

    1日間

  • 工事風景

  • 施工前

  • 施工後

【お困りごと】
約130平米の工場内に、数十トンもの大型機械を複数保有している金属加工工場様。
工場内の機械レイアウトを変更する予定があるので、事前に床下の空洞状況を確認するために一度調査してほしいと連絡をいただきました。機械の振動が起こっていることから、床下に空洞があることはお客様も予測されていました。

【現場確認後のご依頼事項】
実際に調査をおこなったところ、最大150mmの空洞が確認できました。レイアウト変更先の床下空洞を埋めることで上載荷重を地盤で支えられるようにしておきたい、また、機械振動の抑制につながるのであればと空洞充填のご依頼をいただきました。

【テラテックに決めた理由】
・セメント等と比較して樹脂が軽く、地盤への負担が少ないこと
・工期が1日と短工期であったこと
・近隣の住宅や介護施設などがあり騒音が少なく迷惑がかかりずらいこと
・機械や荷物の移動が必要なかったこと

【施工後の状況】
床下の空洞がきちんと埋まり、土間荷重がきちんと地盤へ伝えられるようになったため、安心してレイアウト変更を行うことができるとのお声をいただいております。