沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

リネン工場 沈下修正・沈下抑止工事(アンダーピニング工法)

福岡県

  • 施工面積

    0

  • 最大修正量

    100mm

  • 施工年月

    20213

  • 工事日数

    5日間

  • 施工前の様子

  • 施工後

  • 掘削状況

  • 鋼管杭の圧入

【お困りごと】
近隣に川が流れるリネン工場で擁壁や水路の改修工事を計画されていた際に、基礎からの建物の傾きが見つかったと建築会社様よりご相談のご連絡をいただきました。
以前からジワジワと地盤沈下していましたが、大雨の影響で大きく傾いたように感じられ、安全面をとても心配されていました。

【現場確認後のご提案】
建物を確認したところ工場建屋の角が水路側に向かって基礎から傾いていました。
テラテック工法で基礎下を支えるだけでは、今後予定されている擁壁の工事の際に建物に影響が出てしまう事が考えられるとお伝えし、建物を支持層から支え、ジャッキアップで傾きを修正できるアンダーピニング工法での工事をご提案しました。

【メインマークに決めた理由】
・メインマーク施工後の工事で起こる問題まで考えた提案が貰えたこと
・丁寧な対応だったこと

【施工後の状況】
建物の傾きが発生していた角に2本の支持杭鋼管を反力が取れる5m~6mの深さまで圧入し、ジャッキアップで傾きを修正しました。
メインマーク施工後の工事も建物に影響を出すことなく終了し、施工に満足いただくことができました。