沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

事務所 土間たわみ軽減工事(建付け修正)

新潟県

事務所

  • 施工面積

    246

  • 最大修正量

    27mm

  • 施工年月

    20214

  • 工事日数

    2日間

  • 【施工前】壁と天井の間の隙間

  • 【施工後】隙間の修正

  • 【施工前】壁と床の間の隙間

  • 【施工後】隙間の修正

【お困りごと】
地盤が弱いとされている新潟県の越後平野に所在する事務所兼社員寮で床が沈下し建付けの壁などに隙間が生じるなどの不具合が発生していました。
軟弱地盤で沈下が収束していないため、今後も沈下が発生する可能性が高いことから、下記2種類のご提案をさせていただきました。
▼地盤改良で沈下を抑止する方法
・今後起こる沈下を抑止できる
・施工による業務停止期間が発生する
・高額である
▼テラテック工法で定期的に修繕する方法
・事務所や寮の稼働を止めずに施工ができる
・地盤改良と比較すると安価である
・再沈下時には再度施工が可能

【テラテック工法に決めた理由】
・事務所や寮の稼働を止めずに施工ができること
・予算やニーズに合わせた提案があったこと
・再沈下時には再度施工が可能な事こと

【施工後の状況】
再沈下を視野に入れて目標の修正値を設定し、休日の週末を利用して施工を行いました。
業務に支障をきたすことなく建付けの不具合が解消され、施工にご満足いただくことができました。