沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

ホームセンター山新 水戸駅南店 空洞充填工事(テラフィル)

茨城県

店舗

  • 施工面積

    1178

  • 最大修正量

    0mm

  • 施工年月

    20213

  • 工事日数

    33日間

  • 【施工前】床下の空洞量の確認

  • 【施工後】テラフィル打設後の充填孔の様子

【お困りごと】
茨城県水戸市の千波湖近隣にあるホームセンター山新水戸駅南店様。
湖が近いこともあり、地盤が弱く店舗内の床に違和感があるとご相談いただきました。

沈下量・空洞量調査の結果、店舗の床下には最大で約1300mmの大きな空洞が見つかり、お客様や従業員の安全のためにも修繕を行いたいが、店舗の営業を止めないで工事をしてほしいとのご希望でした。

【メインマーク(テラフィル工法)に決めた理由】
・現場の状況に合わせ、数種類の工法で提案がもらえたこと
・店舗の営業を止めずに工事を行いたいという希望にお応えいただけたこと
・他に提案頂いた工法と比較し材料が軽く弱い地盤への負担が少ないこと

【施工後の状況】
店舗閉店後の20時から開店前までの時間を利用し、施工を行いました。
滞水のあるエリアでは滞水を抜いた後、透水性のあるテラフィルOCを打設。
その他のエリアではテラフィルCCを打設しました。
店舗が翌朝通常通り開店できるよう、仕上げの充填の方式を変更するなど調整を行い、約1か月の夜間工事で施工を完了しました。
店舗の営業を止めることなく、お客様や従業員の皆様の安全を守ることができ、施工にご満足いただけました。