沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

高速道路 インターチェンジ舗装版補修工事(沈み込み対策)

茨城県

道路

  • 施工面積

    21

  • 最大修正量

    28mm

  • 施工年月

    20213

  • 工事日数

    1日間

  • 【施工中】テラテック樹脂注入

  • 【施工中】プラント車設置状況

  • 【施工前】段差19mm

  • 【施工後】段差0mmに修正

【お困りごと】
茨城県内に所在する高速道路のインターチェンジで、車両が通過する際に
踏板フレームとコンクリート版の端部に沈みこみが発生しているとご連絡いただきました。
特に大型車が通過する際の沈み込みが大きく、積載車両の荷崩れなどを引き起こす危険性が
あるため迅速な補修対応をご希望されていました。

【テラテック工法に決めた理由】
・1日の夜間工事で施工が完了すること
・砕石以上の強度があること
・施工後すぐに車両の通行ができること

【施工後の状況】
大型車通行時のコンクリート版の沈み込みに加え、隣接するU字溝とコンクリート版にも
段差が生じていました。高速道路の修繕に適した高強度の樹脂を使用し、20時から1時
までの5時間で施工を完了しました。
修繕後、沈み込み・段差の問題は解消され、他の場所のご相談をいただくなど施工にご満足
いただくことができました。