沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

倉庫 空洞充填・沈下修正工事

熊本県

倉庫

  • 施工面積

    254

  • 最大修正量

    95mm

  • 施工年月

    20212

  • 工事日数

    2日間

  • 施工前:大きく沈んだ点線部

  • 施工後:大きな沈みが解消

  • 施工前:水糸測量 -84mm

  • 施工後:水糸測量 0mmまで修正

【お困りごと】
熊本の地震後に、沈下を感じるようになり、高く積んだ荷物が傾いてしまっているとご相談いただきました。
倉庫内に大きく沈んだ場所が2か所あり、下記のような多くの危険や不便を感じられていました。
・高積みした荷物の傾きによって落下などが発生すれば従業員に危険があること
・キャスター付きの台車が自走し、お預かりしている荷物の安全に不安があること
・毎日の入出庫作業においてリフト車が大きく上下に揺さぶられてしまっていること
・手動リフトでの荷物移動に困難が生じていること

【テラテック工法に決めた理由】
・床を壊さず短工期で施工できること
・稼働の停止を最小限に抑えられること
・営業の動きが良く柔軟に対応してくれたこと

【施工後の状況】
大きく沈んだ2か所の周囲を中心に注入を行い、2日間の工事で
最大空洞厚110mm、最大土間沈下量95㎜の修正を行いました。
大きく窪んだ場所が修正され、危険や不便を解消できたとお喜びいただきました。