沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

道路 公園管理道路 空洞充填工事

奈良県

道路

  • 施工面積

    107

  • 最大修正量

    0mm

  • 施工年月

    20211

  • 工事日数

    2日間

  • 【施工状況】注入孔の削孔

  • 【施工状況】プラント車を移動させながらの施工

【お困りごと】
自然豊かな国立公園の入り口にある公園の管理道路で路肩の浸食に伴い路盤材が流出。
道路下の数か所に空洞が見つかり、陥没などの危険を危惧し、充填を検討しているとご連絡いただきました。

【テラテック工法に決めた理由】
・観光地のため、工事が短工期で行えること
・道路を壊さずに施工が行えること
・材料が軽く緩んだ地盤への影響が少ないこと
・材料の流動性が低く、横に流れにくいこと

【施工後の状況】
全長820mの長い管理道路内で空洞が点在しており、プラント車を移動させながらの施工となりました。
事前にしっかりと現場打合せを行っていたことから2日間で道路下の空洞充填を完了し、
短工期での施工にご満足いただくことができました。