沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

道路 県道 空洞充填工事

群馬県

道路

  • 施工面積

    3

  • 最大修正量

    0mm

  • 施工年月

    202012

  • 工事日数

    1日間

  • 【施工状況】テラテック樹脂注入

  • 【施工状況】機動性の高いプラント車

【お困りごと】
県道の空洞調査を県で行ったところ、高崎市内の3か所で道路下の空洞が見つかり、
陥没による被害が起きないように対策を行いたいとご相談いただきました。
舗装を入れ替えたばかりで、カッターを入れるなど舗装を壊すことなく
空洞を充填できる工法を探されていました。

【テラテック工法に決めた理由】
・舗装を壊さずに施工できること
・機動性の高い3tプラント車で迅速な対応が可能なこと
・道路の規制を最小限に抑えられること

【施工後の状況】
3か所の空洞のうち、最大厚さ約300mmの空洞が発生していました。
1日で3箇所の空洞充填を完了し、機動性の高い工事にご満足いただくことができました。