沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

製造工場 屋外段差修正工事

東京都

工場

  • 施工面積

    9

  • 最大修正量

    57mm

  • 施工年月

    202010

  • 工事日数

    1日間

  • 施工前:一部のコンクリート土間のみ沈下

  • 施工後:段差が解消

【お困りごと】
重量のある車両が頻繁に往来する建物の外構部に段差ができ、業務効率が落ちているとご相談いただきました。
施工エリアは頻繁に車両の出入りがあるため業務を止めることが難しく、
コンクリートが1か所傷むことで隣接した他エリアの劣化も早まるため、
その前に修繕したいというご希望をいただきました。

【テラテック工法に決めた理由】
・工場の稼動を止めず、休日に施工が行えること
・養生期間がなく、施工後すぐに大型車両の通行が可能なこと
・表面的な補修だけでなく空洞を埋めることができるため

【施工後の状況】
現場はコンクリート土間が約3メートル四方で別打ちされており、4辺とも沈下して周囲の
コンクリート土間に対して段差が出来ている状況でした。
テラテックの施工にあたり、他のエリアの共上がりを避けるため重機を置いて施工を行い、
1日で段差の修正を完了しました。
段差が解消したことで低下していた業務効率が改善したとお喜びいただきました。