沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

店舗 空洞充填工事(沈下リスク対策)

大阪府

店舗

  • 施工面積

    25

  • 最大修正量

    0mm

  • 施工年月

    20196

  • 工事日数

    1日間

  • 【施工前】建物下の空洞

  • 【施工中】注入用導管設置状況

  • コンパクトなプラント車

【お困りごと】
市街地にあるビルの解体工事を行った際、隣のビルの建物下に地盤沈下による空洞が見つかりご連絡頂きました。
店舗の営業に支障は出ていませんでしたが、沈下が進行した場合、お客様や従業員に危険があるのではないかと心配されていました。

【テラテックに決めた理由】
・工期が短いため、他の工事への影響が最小限であること
・短工期で空洞を充填でき、業務に影響がでないこと
・充填材の重さによる再沈下のリスクが少ないこと
・コンパクトなプラントで狭小地でも施工が行えること

【施工後の状況】
空洞が建物の端部に確認されたため、建物側部から導管を利用し注入作業を行いました。
1日の施工で空洞が充填され、沈下や傾きなどのリスクの低減ができたとお喜び頂くことができました。