沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

自動車整備工場 格納庫 沈下修正工事(段差修正)

北海道

事務所

  • 施工面積

    397

  • 最大修正量

    100mm

  • 施工年月

    20215

  • 工事日数

    4日間

  • 【施工前】出入口付近の段差

  • 【施工前】段差高さ96㎜

  • 【施工後】段差が解消された出入口

  • 【施工後】隙間の解消

【お困りごと】
水はけの悪い湿地帯に所在する自動車整備工場の格納庫の土間が沈下し、段差が発生しているとご連絡頂きました。
システム建築で造られた建物で、柱の下には杭が打たれていましたが、地中梁は建物の外周にのみ造られていたため、建物自体は高さを保ったまま土間のみ沈下していました。
段差で台車が上手く走行できず、商品の出し入れ時に傷をつけてしまうのではないかと心配され、修繕のご依頼を頂きました。

【テラテック工法に決めた理由】
・テラテック工法で施工を行った企業からの紹介があり信頼できる工法だと感じたこと
・格納庫のスケジュールに柔軟に対応できる工法だったこと
・短工期で施工が行えること
・10年の再沈下保証があったこと

【施工後の状況】
出入口付近にできた段差にはアスファルトで応急処置が行われていました。
アスファルトを剥がし、最大100mmあった段差を4日間で解消し、施工後には「こんなに綺麗に仕上がるとは思わなかった」と嬉しいお言葉を頂きました。