沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

お知らせ

施工実績4,000件突破!沈下修正・空洞充填のテラテック工法に加え、自然災害の被害を最小限にする新技術・工法を推進

創業以来、沈下修正・空洞充填工事であるテラテック工法をメインに、建物下の地盤改良・強化、建物の傾き修正、構造物の振動解析、液状化対策工事などお客様のお悩みに合わせた様々な施工を行ってきました。2021年8月に施工実績4,000件を突破しましたので、お知らせいたします。

     

■日本全国責任施工、施工実績4,000件突破
メインマークでは全国6箇所に営業所を構え、床や建物の傾きに関するお悩みに調査から工法の提案、施工までワンストップで対応しております。建築士を始め、建築、土木、地盤、液状化、構造振動の専門家が在籍しており、お客様のニーズに合わせ、幅広い取り扱い商材から最適な工法を提案できるのは当社ならではのサービスです。幅広い業種のお客様に施工いただいております。

■お客様のお困りごとに寄り添った施工
お客様の状況によってお困りごとは千差万別。お悩み・不具合を解消するために豊富な知識を有したスタッフがお話をお聞きし、地盤の状況や基礎の状態、沈下量・空洞量などを総合的に判断した上で、最適な工法や施工方法をオーダーメイドにて提案しております。

■自然災害の多い日本で被害を最小限にするために
地震、台風、大雨による土砂崩れなど自然災害の多い日本。メインマークは今ある建物を長く安心してご使用いただくために、地盤沈下を抑止する技術、地下水位を下げて地盤の液状化や盛土の崩壊を防ぐ集排水管、ICTセンシング技術を活用し、構造物の健康状態をモニタリング・解析し、老朽化や自然災害による被害を最小限にする新技術などを提供しております。

過去のプレスリリース一覧

一覧へ戻る