沈下修正・空洞充填のテラテック

業務を止めずに床のお悩みを解決

0120-873-835
0120-873-835

webからのご相談窓口

テラテック工法とは

業務を止めない 床の傾き・沈下修正工法

硬質発泡ウレタン「テラテック樹脂」をコンクリート土間床下に注入し、
その膨張力で床下の空洞を埋め、沈下した床を水平にする特許工法です。

手順1
手順1

事前の調査で床の沈下量や床下の空洞状況を確認。1円玉より小さい注入孔(直径16mm)をあけ、テラテック樹脂を注入します。

手順2
手順2

広がりながら膨張するテラテック樹脂が
床下の空洞を埋めます。

手順3
手順3

膨張力で床を押し上げて、
ミリ単位の精度で計測を行いながら
沈下し傾いた床を水平にします。

  • 床を壊さないので業務・稼働・営業を止めない

    コンクリート床を壊さず、標準1.5m間隔で16mmの注入孔をあけ、床下に特殊なウレタン樹脂を注入して床を水平にする工法です。そのため床を解体・撤去する必要がなく、お客様の業務を止めずに施工できます。

    ウレタン注入間隔1.5mの理由はこちら
  • 圧倒的に短工期

    床の傾き・沈下の修繕は床を壊して作りかえる「コンクリート打ち替え工法」と上面から補修する「増し打ち(上塗り)工法」が一般的でしたが、設備・荷物の移動やコンクリートの養生期間など大規模な修繕計画と時間が必要とされ、修繕したくても工事に踏み切れないというお悩みがございました。
    テラテック工法は床を壊さず、業務を止めずに短期間で工事を完了します。150~200㎡であれば最短8時間で施工可能です。

    打ち替え、上塗り工法との比較はこちら
  • 設備(機械・棚)、荷物の移動が不要

    床を壊さない工事のため、すでに設置してある機械やラック、お客様からお預かりしている商品などを移動する必要がありません。修繕したいけど、機械が大きくて動かせない、工事前のラックの解体や工事後のレベル調整などで従業員に負担をかけたくないなどのお悩みを解決します。

    設備を置いたまま施工している様子はこちら
  • 粉じん、騒音、産業廃棄物の心配が不要

    コンクリート打ち替え工法では床を解体する際に粉じんやガラが大量に発生し、騒音も大きくなります。テラテック工法は床に注入孔を削孔する際に発生する粉じんを集塵機で飛散の防止をしているため、衛生面が気になる場所でも採用いただけます。また床を壊さない工事のため、ドリルによる削孔音だけで騒音が小さく、産業廃棄物も最小限ですみます。

    施工手順はこちら

  • コンパクトな機材で施工

    工事はプラント車(3t車)1台による施工のためコンパクトです。
    またプラント車から伸ばしたホースから直接樹脂を注入するため、現場も汚しません。

    プラント車
    (標準サイズ)

    2090mm
    長さ 5260mm
    高さ 3040mm
  • 全体コストが抑えられる

    お客様の業務・稼働・営業を止めずに工事ができるため、お客様のキャッシュフローを止めません。工事期間中の営業損失を最小限にできることが最大のメリットです。その他、設備・荷物の移動費や保管費がかからず、付帯費用も少なくてすむため工事全体のコストを抑えることができます。

    打ち替え、上塗り工法との比較はこちら
  • 材料が軽量で再沈下への影響が少ない

    コンクリート土間床は直接地盤に支えられているため、床下の地盤沈下に追随し土間床の傾きが発生します。地盤沈下が進行すると土間は地盤から浮いた状態となり、床下が空洞化し土間構造に大きな負担となります。

    床下に空洞ができ傾いた床

    床下に空洞ができ傾いた床

    テラテック工法で修正

    テラテック工法で修正

    テラテック樹脂は1㎡約50kgとコンクリート打ち替え工法で使用する砕石の約1/40と軽量なため材料荷重による再沈下リスクを低減します。

    コンクリート打ち替え工法

    コンクリート打ち替え工法

    沈下した分の砕石を入れコンクリートの打ち替えを行います。砕石は1㎡1900kgもの重みになるため、材料の荷重増加により沈下を促進させる可能性があります。

    増し打ち(上塗り)工法

    増し打ち(上塗り)工法

    増し打ち(上塗り)工法は沈下した床の表面に重ね塗りすることで表面を整えます。床下の空洞はそのままとなるため、経年とともに再度土間床の修繕が必要となります。

    沈下修正の工法比較表はこちら 空洞充填の工法比較表はこちら
  • 再沈下後の再施工が即時可能

    テラテック工法は地盤沈下が収束せず、土間床が再沈下した場合でも再び樹脂を注入して容易に再修正を行うことができます。コンクリート打ち替え工法の場合、再度コンクリートを解体して打設し直すため、長期間の施工期間が必要となり、その間、業務や稼働を止めなくてはなりません。

    打ち替え、上塗り工法との比較はこちら

特許工法・施工実績・施工保証

  • 特許工法

    テラテック樹脂注入による「沈下床の修正工法」は
    当社の特許工法です

    特許第4896949号
    「沈下床の修正工法」

    特許工法についてはこちら
  • 施工実績

    「国内施工実績3800件以上」が信頼の証です。
    熟練した技術者が責任施工で日本全国24時間365日対応しています。

    エリア別、物件別の施工実績を検索いただけます
  • 施工保証

    「テラテック・プラス10」
    業界で初めて土間床の沈下修正工事の保証制度を構築しました。
    大手保険会社の保険に基づき最大限度額5000万円、10年間保証します。

    施工保証の詳細はこちら

幅広い建築・土木工事に対応

幅広い物件の修繕を行っております。
アイコンをクリックすると各物件のお悩み・解決事例をご覧いただけます。